これまでの仕事


1.音楽学関係


学位論文

バルトーク・ベーラの活動における文化ナショナリズムとモダニズム――創作活動における「農民音楽」の役割をめぐって

2009年10月、博士論文(東京大学大学院人文社会系研究科)。 


査読論文

1. 農民音楽の「精神」は何故重要なのか―バルトークの民俗音楽観とその歴史的背景について

 2002年9月、『美学』第53巻第2号39頁~52頁、美学会。お読みになりたい方はこちらからどうぞ。


2. Why is the “Spirit” of Folk Music so Important?—On the Historical Background of Béla Bartók’s Views of Folk Music(上記和文論文を加筆・英訳したもの)

International Review of the Aesthetics and Sociology of Music, vol. 37/1 (Zagreb: 2006), pp. 17-32.


3. イデオロギーとしての「農民音楽」―バルトークの民謡研究と文化ナショナリズムについて

2007年3月、『美学芸術学研究』第25号(東京大学美学芸術学研究室紀要)1頁~34頁。お読みになりたい方はこちらからどうぞ 。


4. 民謡への博物学的な「まなざし」―フォノグラフの導入がハンガリーの民族誌研究の中で果たした役割について

2008年3月、『美学芸術学研究』第26号(東京大学美学芸術学研究室紀要)1~31頁。 お読みになりたい方はこちらからどうぞ 。 


5. バルトークの民俗音楽研究における用語法の変化について―作曲家の音楽構造解釈の歴史性をめぐる一考察

2008年8月、『音楽学』第53巻(=2007年度)第3号158~173頁、日本音楽学会。 レジュメをお読みになりたい方こちらからどうぞ 。


6. 記譜法の変化と「南東ヨーロッパ共通の特徴」の創造―バルトークの民謡研究におけるフォノグラフの役割について―

2011年6月、『美学』第61巻第1号121~132頁、美学会。


7. 19世紀後半のハンガリーにおけるツィンバロン教育の近代化と「民衆音楽家(“népzenész”)」批判―ツィンバロン教師アッラガ・ゲーザの議論を中心に―

2012年3月、『民族藝術』第28号、125~132頁、民族藝術学会。


8. ツィンバロンはいかにして女性の楽器になったか――19世紀後半のハンガリー市民社会におけるツィンバロンの受容史について

2012年3月、『文化資源学』第10号、23〜34頁、文化資源学会。


9. ツィンバロン科の学生達はどこからやってきたのか――ブダペスト王立音楽院の学生原簿(1897-1947)に関する一考察

2014年3月、『音楽学』第59巻(=2013年度)第2号、73〜87頁、日本音楽学会。


学術論文

1. Genius with Learning?—On the Role of the Study on Folk Music in Bartók’s Creative Activity

2002年、The Great Book of Aesthetics (The 15th International Congress of Aesthetics組織委員会編, CD-ROM)


2. 「他者」としての農民達―バルトークの農民観と作曲家のアイデンティティをめぐる一考察

2003年3月、『美学藝術学研究』第21号(東京大学美学藝術学研究室紀要)138頁~165頁。お読みになりたい方はこちららどうぞ。


3. Toward “Lack of Sentimentalism” in Music: On the Re-formulation of Bartók’s Modernist Strategy in Postwar Hungary

2004年10月、Musicology and Globalization-Proceedings of the International Congress in Shizuoka 2002, pp. 399-402. 


4. 「真正性」の構造――「古楽運動」において「過去への忠実さ」が果たす役割について

2013年3月、『国士舘哲学』第17号(国士舘大学哲学会)36頁〜48頁。


5. Bartók’s wrists and 19th-century performance practice: An essay on the historicity of piano technique

2013年7月、Studia Musicologica vol. 53 (=2012), no. 1-3, pp. 161-170.


6. ヨーゼフ・ヨアヒムとハンガリーの文化ナショナリズム、2015年3月、国民音楽の比較研究に向けてー音楽から地域を読み解く試みー(福田宏・池田あいの編著、京都大学地域研究統合情報センター)21〜27頁。


口頭発表

1. 農民音楽の「精神」は何故重要なのかーバルトークの民俗音楽観とその思想的背景について

2001年7月、2001年度美学会東部会第二回例会発表(東京・早稲田大学)


2. Genius with Learning?—On the Role of the Study on Folk Music in Bartók’s Creative Activity

2001年8月、The 15th International Congress of Aesthetics (2001, Makuhari)


3. 内面化された「体験」の反映としての音楽作品--バルトークの《弦楽四重奏曲第1番》のおかれた歴史的な背景について

2001年10月、第52回日本音楽学会全国大会(札幌・北海道教育大学)


4. Toward “Lack of Sentimentalism” in Music: On the Re-formulation of Bartók’s Modernist Strategy in Postwar Hungary

2002年10月、日本音楽学会創立50周年記念国際学会(IMJ2002, Shizuoka


5. 演奏する身体とそのコンテクスト―バルトークの演奏録音を中心に

2003年10月、第54回美学会全国大会(東京・成城大学)「若手フォーラム」


6. Bartók’s “Ady-music” and the Subculture in Budapest—On the Social-cultural Background of Five  Songs op. 16

2004年7月、国際音楽学会シンポジウム(SIMS2004)(Monash University, Melbourne)


7. 「半ば朗読され、半ば歌われる」歌唱法の意味するものーバルトークの歌曲集と1910年代のブダペストの都市文化について

2004年10月、第55回美学会全国大会(京都・京都工芸繊維大学)


8. 「プリミティヴ」な構造とはどのようなものかー民謡研究者バルトークの「モティーフ構造」をめぐる議論について

2006年10月28日、第57回日本音楽学会全国大会(福岡・九州大学)


9. 記譜の精密化と「プリミティヴなるもの」の「創造」―バルトークの民謡研究におけるフォノグラフの役割について

2009年10月12日、第60回美学会全国大会(東京・東京大学) 


10. From Csárda to “Family Circle” ― On the Reception History of the Cimbalom in Turn-of-the-Century Hungarian Society

2010年7月17日、RMA Annual Conference 2010 “Boundaries” (The University of London, London) 


11. 19世紀ハンガリーにおけるツィンバロン教育の体系化と「民衆音楽家(népzenész)」批判 ―ツィンバロン教師アッラガ・ゲーザの演奏論を中心に

2011年2月26日、民族藝術学会第121回例会(京都・京都国立近代美術館)

 

12. Bartók' s wrists and the 19th-century performance practice

--An essay on the historicity of piano technique

2011年7月18日、2011 An International Musicological Colloquium to Celebrate to 50th Anniversary of the Foundation of the Budapest Bartók Archives (The University of West Hungary, Szombathely) 


13. ツィンバロンはいかにして女性の楽器になったのか――19世紀後半のハンガリー市民社会におけるサロンの「ハンガリー化」について

2011年10月9日、東欧史研究会2011年度個別研究報告会(東京・学習院女子大学) 


14. How did the Cimbalom become an Instrument for Women?—on the Reception History of Cimbalom in late 19th-century Hungarian Bourgeois Society

2012年7月6日、IMS2012 "Musics, Cultures, Identities" (Parco della Musica, Rome)


15. ツィンバロン科の生徒達はどこからやってきたのか——音楽学校の学生原簿から見た19世紀末ハンガリーのナショナリズム運動

2012年11月24日、日本音楽学会第63回全国大会(京都・西本願寺聞法会館) 


16. Where did the students of the cimbalom department come from?: An Analysis of the Register of the Students at the Royal Academy of Music Budapest (1897-1947)

2013年7月17日、ICTM2013 (Shanghai Conservatorium of Music, Shanghai)


17「文化資源」はいつ有用なのか——ハンガリーのダンスハウス運動における録音・録画資料の役割(=シンポジウム「音楽と文化資源」の研究報告として)

2015年9月26日、日本音楽学会東日本支部第32回例会(仙台・宮城学院女子大学) 


18.音楽のナショナリズムとその社会史的背景——ヨーゼフ・ヨアヒムと彼の親族の事例を中心に(=小シンポジウム「交錯する国民楽派と国民形成」    の研究報告として)

2016年4月23日、東欧史研究会特別例会(東京・大正大学)   


19. Joseph Joachim and Gypsy Musicians: Their Relationships and Common Features in Performance Practice

2016年6月16日、Joseph Joachim at 185 (Goethe-Institut Boston, Boston)


20. Notation versus Sound Recording: On the Role of the Phonograph in Bartók’s Modernist Strategy

2017年3月21日、IMS2017 “Musicology: Theory and Practice, East and West” (Tokyo University of the Arts, Tokyo)




著作

バルトーク大全集(共著)

1999年10月、伊東信宏監修、ユニバーサル ミュージック

CD全集の曲目解説(全ピアノ作品30曲中28曲分)




2.それ以外の領域(ハンガリー文化史など)


口頭発表

1. Gyula Krúdy's Podolin and Hungarian Literary Memory of the Szepes County

2015年8月7日、The Ninth ICCEES World Congress , 2015 Makuhari (Kanda University

of International Studies) 



© Mineo OTA 2012